忍者ブログ
普段まったく音楽を聞かないアラサー女子が恋人のCDをこっそり一枚づつ全曲聴いてレビューし運命の一枚を探すブログです

101~150枚目までで高評価だったもの

★★★★★

【144枚目】Coldplay『A Rush of Blood to The Head』
【148枚目】Contrary Parade『ファンファーレ』




★★★★☆

【112枚目】If I Were a Carpenter
【116枚目】Chapterhouse『Whirlpool』
【121枚目】The Chemical Brothers『come with us』
【124枚目】ciao bella『1』
【126枚目】The Clash『London Calling』
【136枚目】COALTAR OF THE DEEPERS『NO THANK YOU』
【145枚目】Coldplay『Clocks』
【149枚目】Cornelius『THE FIRST QUESTION AWARD』






ciao bellaのCDは見つかられず
https://itunes.apple.com/jp/artist/ciao-bella/id14148173


いつも通り大衆的(だと思われる)音楽が高評価になる事が多かったです。

Chapterhouse(116枚目)は好きか嫌いかというよりか、
シューゲイザーの良さがちょっとわかった自分が嬉しくて点数を上げてしまった気がします。
一つ前のCAUCUS(115枚目)に当初★2という厳しい点数をつけていたのも同じ理由で、
聴きづらいシューゲイザーバンドを克服したのが嬉しくて、今度は聴きやすいシューゲイザーバンドに厳しい点をつけるようになったと自己分析しました。
つまり調子にのっている、という事です・・・・。
(いまは★3にしました。本当は4とか5でも良い気がします。)
直感で判断しないなんて面白味に欠ける気がしますが、
そもそも耳が肥えるというのはこういう事なのかも? どうでしょう?

また、今回の集計でCOALTAR OF THE DEEPERSのアルバムが★4を4つも獲得している事が判明。
冷静に考えるとそんなに好きな感じのバンドではないので、一つをのぞいて★3に変更しました。

ずっと同じアーティストを聴き続けてると評価の基準があやふやになってしまうっぽいです。(特にCOALTAR OF THE DEEPERSはアルバムごとにどんどん聴きやすくなってきたバンドなので、嬉しくて必要以上に点数を上げてしまったと思われます。)

直感って難しいです・・・

PR